2014年10月19日

信頼性の高い銃

こんにちわ。 Philshootingです。

 先日は、HomeDefenceについて多少記述しましたが、今日は信頼性の高い銃に関して記事にしてみたいと思います。

 軍用と民用とでは用途も違うのですが、銃そのものの機能は別にして、銃の一般的な要件として

 信頼性
 取扱い容易性
 保守性
 コスト

 が、あげられるとおもいます。
 例えば、戦場の最前線で使われる銃でAKが圧倒的に多いのは、機能が良く、作りが非常に単純で、故障が少なく、整備が簡単で、しかも安いからです。


 銃には、オート拳銃、リボルバー拳銃、オートライフル、ボルトアクションライフル、オートショットガン、ポンプ式ショットガン、サブマシンガン、マシンガンがあります。

 HomeDefenceを考えた場合、どうでしょうか 
 ライフルは、ハイパワーなのでHomeDefenceには向かないということなので、上の要件満たすものとしては、拳銃、ショットガンになるのではないしょうか。
 






 
 さらに、ジャムにならなかったり、故障が極端に少ないということでは、リボルバー拳銃、ポンプ式ショットガンということになるとおもいます。

 そういえば、フィリピンでは、ガードマンの装備としてはリボルバーとポンプ式ショットガンを多く見かけます。日本の警察官もリボルバーが多いですよね。
 両者とも要件的にはHomeDefenceの要件とほぼ同じなのだとおもいます。

 なんでリボルバー?と思われる方も多いかとおもいますが、非常に構造が単純で故障しにくく、信頼性が高いからです。 
 ただし、リボルーバーの難点として通常6発しか装弾できませんので、多く撃つ場合は不利になります。軍用ではリボルバーはあまり見かけません。オートで弾数が多く、構造が単純で、故障が少なく強靭なものが選択されると思います。


 Philshootingでは、2日間のコースに参加される方には、リボルバー、ショットガンを体験的に撃っていただいています。ご興味のある方は、コースに参加をお願いいたします。



実弾射撃コース





車、運転手、日本語アシスタント付き 格安マニラ観光のCocoHana Tour











同じカテゴリー(銃器)の記事画像
和歌山の拳銃殺傷事件
グリース・ガン(Grease Gun)
GlockでAuto射撃
ハンドガンやライフルなどがたくさん出てくる映画
珍しいハンドガン
珍しいショットガン
同じカテゴリー(銃器)の記事
 和歌山の拳銃殺傷事件 (2016-09-02 08:30)
 グリース・ガン(Grease Gun) (2015-02-20 05:43)
 GlockでAuto射撃 (2015-01-16 20:39)
 ハンドガンやライフルなどがたくさん出てくる映画 (2014-12-17 09:52)
 珍しいハンドガン (2014-08-23 19:56)
 珍しいショットガン (2014-06-11 23:31)

Posted by philshooting  at 14:51 │Comments(2)銃器

この記事へのコメント
昔、自衛隊にいましたが、とにかく訓練でも故障したり、脱落防止装置とかが必要な武器はだめですね。62式機関銃は実戦では使えないと思ったし、64式小銃も細かい部品が多すぎてだめだと思いました。
拳銃も同じだと思います。シンプルなリボルバーは故障しようもないし、メンテも簡単、しかも安いので、軍用にはスペック的には不足でしょうが、民間用ではいいと思います。
Posted by 飛び猿 at 2014年10月24日 01:27
初めてコメントします。
Home-Defence に興味があったので調べてみました。記事の内容と同じようなことがここにも書かれていますね。
http://www.artofmanliness.com/2009/07/23/the-best-guns-for-home-defense/
やはり単純なもの、しかも安いものがいいようですね。リボルバーとショットガンを見直しました。
Posted by CrazyA at 2014年10月24日 01:51
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。