スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年04月24日

射撃価格の目安

こんにちわ PhilShootingです。本日は、まあフィリピンでの射撃価格の目安について書いてみたいと思います。

この記事を書こうと思ったのは、価格を誤解されているのは、やはり実弾とリロード弾をやはり間違えているのが原因だと思ったからです。

サービス内容とか銃の種類とかも違いますし、同業他社さんと比べてということではありません。


フィリピンのベテランの方に、素人の方が
「フィリピンでは、射撃はどのくらいでできるの?」 と聞きます。

ベテランの方は
「安いよ。100発撃っても1000ペソ(2500円程度)だよ」 と答えることがあります。

そのベテランの(Shooter)方にはごくありふれた普通の答えだと思います。もっと安く答えるかもしれません。

その答えには、ものすごい前提があります。

・射撃場のメンバーであること
・メンバーであれば射撃場のFeeはいらない (通常は500ペソ~(1250円~)です)
・銃は自分のを使用なのでレンタルFeeはかからない (通常は500ペソ~(1250円~)です)
・弾は、べテランの人は薬莢を持って行って、リロード弾で撃ちます。しかもメンバーであれば破格に安いです。1発10ペソ(25円程度です。)
・その他、レンジを手伝ってくれる係かりのFeeがかかります。
・その他Targetの代金がかかります。

故にベテランの方は、リロード弾の価格しか言ってないわけです。

メンバーでない方が行くと、
・レンジFee (500ペソ(1250円))
・銃レンタル(500ペソ(1250円))(9mm、45口径等一般的なもの)
・リロード弾 (大体1発 15ペソ(40円)) 100発で 4000円
・Boy費 (300ペソ(750円))
・Target (1枚20ペソx10 (500円))

これを全部足すと リロード弾100発で 7750円ほどです。これは、本当にメンバーでない方の最低料金です。
場所によっては、リロード弾が、20~30ペソ(50~75円)になったりします。

ベテランの人が言った 2500円と随分格差がありますよね。


じゃ、実弾(工場出荷弾のFMJ)ではどうかというと、大体、9mm、45口径で 1発 30ペソ(75円)です。
3500円アップで 11250円になります。これも実弾を使った最低料金です。


つまり、銃を借りて実弾100発撃つと 12000円から15000円くらい(3000ペソ~3800ペソ)が適正価格なのだと思います。



Philshootingでは、2泊3日1000発コースで 今は149,000円 頂いています。(来月から上げざる負えませんが、、、)

前提として
・3日間、毎日2丁の拳銃を使う + 1日M16を使う  
  500ペソx2丁x3日+1000ペソ(M16)= 4000ペソ(1万円)
・900発は拳銃の実弾、100発はM16の実弾
  900x30ペソ + 100x40ペソ(M16) = 31000ペソ(7万7千円)
・レンジBoy2名毎日 
  2名x3日x300 = 1800ペソ(4500円)
・インストラクター(各人に1名、毎日)
  3日 x 1500ペソ = 4500ペソ (11000円)
・レンジFee
  3日x500ペソ = 1500ペソ(3700円)
・TargetFee
  50枚x15ペソ = 750ペソ (1900円)

これまでで、合計 108100円です。

さらに、
・2泊分の宿泊 
  2泊 x 4000ペソ = 8000ペソ (2万円)
・車代金(複数いればShare)
  3日 x 2000ペソ = 6000ペソ (15000円)
・ドライバー(複数いればShare)
  3日 x 1000ペソ = 3000ペソ (7500円)
・食事
  昼200ペソx3日+夜400ペソx2日 = 1100ペソ(2700円)
・その他雑費

以上 44500円です。

総計 153600円ですね。。。

この中には、PhilshootingのSatffの代金や利益は含まれません。
初回登録料金を日本で20000円いただいていますが、本来はそちらは運営費なのですが、そちらを入れてフィリピンの赤字を何とかカバーしているのが現状です。

言い訳のようになりましたが、なぜこのようなことになったかというと 円安ですね。

最初は 1円=0.48を前提にしていましたが、今は0.4近くになってしまいました。

つまり 153600円は、0.4の価格であり、0.48であるとすると 128000円だったわけですね。。

内部事情のようになってしまいました。


以上の価格が、何かの参考になればと思います。


もう一度書きますが、いくらフィリピンだからと言っても
実弾1000発  30ペソx1000=30000ペソ というのはありません。

逆に 100発 10000ペソ というのもどうかなと思いますし、ましてやリロード弾だとありえない話になってしまいますね。





実弾射撃コース






車、運転手、日本語アシスタント付き 格安マニラ観光のCocoHana Tour






  


Posted by philshooting  at 02:07射撃価格