スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年07月01日

2発続けて撃って2発とも当てるのはかなり難しい

 こんにちは、Philshootingです。

 今日は、前々回の続きの切口で記述します。


 撃ち方には
 単射(シングル) (バン、、、、、バン)
 単射の連続(2発だとTwin Tap) (バン、、バン)
 連射に近い単射(2発だとDouble Tap) (バンバン)
 連射(Auto)(サブマシンガン、ライフル) (タタタタタ)
 があると書いた。

 Twin Tapまでは前回までに記述した。

 1発目を撃って、素早く戻してまた撃つ。1~2秒くらいだろう。


 スポーツ競技に出るレベルの人で、音だけ聞いていると、0.5~1秒で2発撃っている。本当に早い。
 ここまでくるとDouble Tap と言っていい。
 素人でも、早くは撃てるが2発目は的にも入らない。

 下のビデオは、世界チャンピオンの Jag氏の射撃だ。改造をしていない普通の45口径銃だ。

 最初がTwinTap あとが DoubleTap と言っていいと思う。







 要は、2発目の時もあまり銃が動いていないということだ。
 つまり、

 構え方
 握り方
 サイト
 引き金のひき方
 呼吸

 をしっかりすることが大事になる。


 とはいえ、やはり難しい。
 Philshootingの練習では、アドバンスドコースでも当てることを優先にしている。
 興味のある方は、ぜひコースに参加してもらいたい。





 Philshootingでは、上の記述のような射撃の極意のような本格的射撃コースをやっています。
 また、観光もセットになったコスプレもOKな手ごろな体験射撃コースを設けました。興味のある方はこちらから始めてみてはどうでしょうか。



       






マニラ旅行は、車、運転手、日本語アシスタント付き 格安マニラ観光のCocoHana Tour









  


Posted by philshooting  at 18:45射撃一般論