スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年10月29日

南沙諸島に米軍艦が進出したことでわかったこと


こんにちはPhilshootingです。

今日の記事はライターの個人的な意見の記事になります。


本ブログでも南沙諸島に米軍が今すぐにでも関与するようなことを1年位前から書いてきたとおもいますが、弱腰のオバマ大統領ではそうはなりませんでした。 

 逆にフィリピンでは、そこまで期待が高かったのですが、やっと米軍が行動をおこしてくれたということです。

 この進出でいろんなことがわかったり、推測できたりします。








青 : 滑走路がるところ
青+黄 : 埋め立て人工島


中国は、
・埋め立てた岩礁は中国の領土だと認識していること
・排他的経済水域はもちろんのこと、南シナ海全体を中国の主権の及ぶ範囲だと認識していること
ということが改めてわかりました。

 簡単に書いてしまいましたが、今までは、誰もが勝手に公海上のものを埋め立てたものだから、許されるべきものではないくらいの認識だったとおもいますが、3段階くらい認識が甘かったとおもっています。

 もう一度書くと、中国は、埋め立てた岩礁は、中国の領土であることはゆるぎない事実である。領土なのだから領海、領空、排他的経済水域も当然認められる。さらに南シナ海全体は中国の主権が及ぶところである。と確信的に思っているということです。

 南シナ海全体は、おれのところということです。世界中の貨物の30%+が南シナ海を通っているということですが、中国を除き、10%+が日本と関係ある物流で、大げさに言えば、いざという時には、通行検査権をもち、物流が突然止められることもあるということです。




 
 報道では、中国の「領土」である領海に米軍艦が進入とか書いてあるところがありましたが、なぜそのように中国の主張を中心に書くところが日本にあるのか不思議でなりませんでした。中国の領土ではなく、中国が勝手に主張して埋め立てた領土と称しているところです。
 
 さらに言わせてもらうと、この問題は米中間の微妙な問題で、一触即発の危険があり、危機につながる可能性もあるという日本には直接関係ないような記事や論評も見られますが、フィリピン、ベトナム、マレーシア、台湾だけの領土問題ではなく、物流の経済問題でもあり日本にも大きく関係する問題ということです。TPPが締結されても、物流が回らなくなるかもしれないという大きな問題を含んでいます。対岸の火事ではありません。


 さらにさらに言わせてもらうと、なぜアメリカなの?ということです。
 当事国は、フィリピン、ベトナム、マレーシア、台湾で、準当事国は日本を含む東アジア、東南アジアのすべての国です。これらの国が今回の行動を主体的にやるのが筋であって、当然できないでしょうからあるいはやったとしても中国に負けてしまうでしょうから、今回アメリカがやってくれたわけです。
 それを米中間の問題だと遠くから見るのはあまりにも失礼ではないでしょうか?


 今回の行動に対して、中国は何もできませんでした。
 イージス艦が1隻進入したということが報じられていますが、軍事的に考えれば恐らく、宇宙からの情報収集、空母、潜水艦を含む小艦隊規模、もしくはクラーク、ダナンなどを利用したバックアップ体制がとられていたのだとおもいます。なので手出しができなかったのでしょう。




 アメリカはパトロールを継続的にやるとは言っていますが、日本を含む他の国々もローテーションで行動はすべきだとおもいます。手を抜けば南シナ海は中国のものになってしまうわけです。

 さらに現状を戻すのに、島の封鎖もしくは破壊活動という作戦も視野に入れる必要があるとおもいます。






実弾射撃コース





マニラ旅行は、車、運転手、日本語アシスタント付き 格安マニラ観光のCocoHana Tour




  


2015年10月02日

ライフルマンのタイプ


こんにちはPhilshootingです。


少し時間が経ってしまいましたが、先日、日本が連休のときに何名かがコースに参加されました。

その方々の中で、前々から思っていたのですが、初心者の方を除き、じっくり撃つタイプと撃ちまくるタイプとに嗜好が分かれるとあらためて感じました。


 ライフルコースだったのですが、

 一人の方は、日本でもライフルの免許まで持っていらっしゃる方で、連れの方が日本ではできないからだと参加されたのですが、日ごろから狩猟をされているという方で正確精密射撃(スナイパー射撃)が得意な方でした。


 もう一人は、サバゲーなどを趣味でお持ちで、とにかくMilitaryが好きで、家でも数々のエアソフトライフル、ハンドガンをお持ちで、ライフルでは連射の射撃を家で練習していらっしゃるとのことでした。


 両名ともかなり玄人的なかたでした。


 最初の狩猟の方は、M16,M4(5.56mm、223Rem)x300発、M14(7.62mm、Win308)x200発を希望されたのですが、日ごろからWin308で射撃をされているということで、M14の射撃がとてもうまかったように思います。
 射撃のうまい方には、ターゲットを薬きょうにして撃っていただいているのですが、この方も撃っていただき見事撃ち抜きました。M14では2人目です。









 この調子で、長射程レンジに行けば 10cmの目標に3発~5発が連続して命中することも大いに期待できたのですが、120発付近で薬きょうが切れて銃口に詰まってしまい射撃ができなくなってしまいました。残念でした。

猟の話もずいぶんと聞けて勉強になりました。
・中間姿勢(膝うち)が多いこと
・木を背中にして前に体を出して狙い、撃つこと
・肉質を維持するという意味で、頭を狙って1発で仕留めること
などなど、、戦闘とはまったく違う思考で射撃することがよくわかりました。

ちなみに戦闘では同じ書き方をすると
・なるべく低い姿勢をとること
・体は偽装し、遮蔽物に隠すこと
・火力で相手の戦闘意識をなくさせること
になるかと思います。


 2人目の家でエアソフトでトレーニングをしていらっしゃる方ですが、連射がしたくて参加されたということでした。
 ライフルコースでは、基本射撃、ゼロイン、長射程射撃、コンバット射撃(CQB)を一通りするのですが、この方は、やはりCQBに興味あり、特に連射の射撃はうまかったです。

 単射(セミ)を最初にするのですが、とてもさまになっていたと思います。次に連射でもしたいただいたのですが、5mでは2,3発がすべて的に入り、最終的に15mでもやっていただき、安定していたと思います。
 ライフルの連射で今までで15mの距離からやり、的に2発入った人はいませんでしたから、かなりうまいといえます。
 日ごろの家でのトレーニングが効いているのかと思います。







 Philshootingでは、射撃スキルの向上はもちろんのこと、他ではなかなかできないこともスキルに応じて対応しています。




実弾射撃コース





マニラ旅行は、車、運転手、日本語アシスタント付き 格安マニラ観光のCocoHana Tour




  


Posted by philshooting  at 06:49ライフルの射撃