2017年09月24日

Philshootingでも北朝鮮対応?

【Philshootingでも北朝鮮対応】


2,3日前、日にちをずらして2名のリピーターがアドバンスドコースに参加された。2名とかもかなりうまい。
射撃ステージを使って、正確に早くを学んでいくのだが、今回は、あまり走りたくないということで、Accuracy(正確精密)射撃を中心に行った。
 
コース進行中にコーチがいきなりかわったことをし始めた。
”あなたがオフィスにいるときに、いきなり北朝鮮のテロリストが侵入してきて、撃退する ということを想定する”
 
といって、机とターゲットでステージを作りだした。
 
銃は、つくえの中にあり、作業をしているときに、テロリストが侵入してきて、机から銃を取り出し、4名のテロリストを撃退するというものだ。














日本人のコース参加者には、笑いをこめてかなりうけた。
しかし、コーチは極めて真剣で、そういうこともあると本当に思っているらしい。
 

スポーツ射撃競技では、北朝鮮は別にして、このような想定ステージは、あるのだが、この事象には、客観的に1つのGapと教訓があると自分は思った。
 
日本人的には、戦争やテロはあるかもしれないが、現実にはないだろうと思っている。ましてや日本では銃が机の中にあるなんて考えられない。
コーチ(フィリピン人)的には、自分の身は自分で守るが基本で、その対応を訓練しておかなくてはならないと思っている。
というGapだ。


フィリピンは、銃社会なので、テロリストとはいかなくても強盗などは十分に想定内なのだ。アメリカの地方も同じだろう。
日本人も北朝鮮のテロリストにやられるに違いないと思ったのだ。

コーチには、日本は、銃社会ではないという認識にはかけているようだが、であれば、公安、警察、さらには自衛隊には、テロに対応する能力があるのだろうかと思ってしまう。
もっと細かく言えば、関係者全員が、こういう練習をして、射撃技術は本当にあるのだろうかと思ってしまう。
 
フィリピン人に心配してもらって、少し、情けないと思った。



もう一つは、やられたら、あるいはやられそうになったら、撃退するあるいはやり返す。
この事象は、こういう単純な基本的な姿勢を原点にしている。
 
 
国家に置き換えると、日本は敵ミサイル撃墜だけを考え、しかも発展途中だ。
前回も書いたが、敵の源泉を撃退する、やり返すという能力は全くない。
 


今の状況は、”やられそうになったら” という状態だ。
安全保障に詳しくない人は、今回は米朝の問題だと平気でいう人もいるが、日米同盟もあるし、何といっても日本には米軍基地が多数ある。
ならば、米軍を追い出して、、、というさらに安全保障の音痴もいるようだが、ここでは相手にしない。
また、見せしめに日本の都市の一部を破壊するということも今の体制ならやりかねない。
 


”やられそうになったら” とう状況を日本も主体的に考え、撃退あるいはやり返す時期だと思う。
今は、日本には攻撃能力はないので、その努力をしつつ、アメリカにお願いして、一緒に撃退することを、今すぐしなければならないのではないかと思う。
日本、日本人の覚悟と決断が必要な時期でもあると思う。
 




       





マニラ旅行は、車、運転手、日本語アシスタント付き 格安マニラ観光のCocoHana Tour













Posted by philshooting  at 11:03