2016年09月19日

日本から見た今のフィリピン



今日から安全保障に関して、ライターの個人的見解を2,3記事にしてみようと思う。

 
短い間だが、最近、日本にいた。
日本の報道で一般の人がどうフィリピンのことを感じているかもわかったし、友人にも聞いてみた。
ビジネスのためには、ドテルテになって犯罪も激減してるので、ぜひフィリピンに来てほしいと思うのだが、実際は、その真逆だった。


残念だが、一連の報道を総合すると、実際のフィリピンはでは犯罪は激減し、街もきれいになったといくら自分が言ったところで、一般の日本人はやはりフィリピンは政情不安定の危険な国であると認識するのが普通だと思う。
また、旅行や投資を控えるのも当然の判断だと思う。

 
まず、どの報道を聞いても、ドテルテが麻薬撲滅のための処刑をしているとも思われるような報道で、人権無視の超法規措置というのが一般的だ。
自分のような立場の人間がいくら誤解があると吠えたところで、日本の人々にはそう映っている。



 
次に国際社会では人権というのは非常にセンシティブな問題である。また、影響を与えやすい。いくらドテルテが信念に基づいてやっていたとしても(十分自分もドテルテに賛成なのだが)、それについては、国際社会の場では、反論しても無駄だ。
 

ドテルテは、単純なので、言われればやり返すのだが、それは一国の大統領のすることではなかった。
オバマは個人的には、理想的(空想的)平和主義者で、嘘つきで、演説だけはうまい、アメリカの大統領にはふさわしくはない人物だとは思っているが、それを一国の大統領のドテルテが国際舞台の場で、公然と非難するのは良くなかった。
悪い印象が、全部、ドテルテやフィリピンに返ってきてしまった。

 
その延長で、気分を害したドテルテは、予想通りアメリカと一線を画す行動に出た。
ミンダナオのテロ対策にアメリカはいらない。南シナ海の監視活動をアメリカとは一緒にしない。というものだ。

 
南シナ海のドテルテの取った行動は、自分としてはかなりショックだった。
南シナ海の問題に関しては別途記事を書いてみたい。

  
ドテルテは、オバマとはうまくやっていけないだろうが、新大統領になったらどうなるか、いろいろと考えをめぐらしている。
 
アメリカ新大統領に関して、以下に詳細がある。
「日米マスコミが報じない アメリカ大統領選の真相」
http://directlink.jp/tracking/af/1416354/dEeg0RtB/
というのは、かなり参考になった。ヒラリーの健康問題もあるが、その問題がなくてもトランプが必然的に勝利するのではないかと思うようになった。






日本からでは、ますます感じが悪いフィリピンになってしまったが、実際はそうでもない。

Philshootingでは、ドアツードアの対応をしているので安心して参加してほしい。


Philshootingでは、射撃の極意のような本格的射撃コースをやっています。

また、観光もセットになったコスプレOK、ライフルのオート射撃OKを手ごろな観光射撃コースを設けました。
興味のある方はこちらから始めてみてはどうでしょうか。



       






マニラ旅行は、車、運転手、日本語アシスタント付き 格安マニラ観光のCocoHana Tour









同じカテゴリー(安全保障)の記事画像
フィリピンから見た北朝鮮問題
フィリピン南部ミンダナオ島の戒厳令
【今週は荒れる週になりそうだ~フランス大統領選、北朝鮮軍創立記念】
ドテルテに中国との関係を改善するように進言した安倍首相
安倍首相がフィリピンを訪問
フィリピン空軍の最新戦闘機
同じカテゴリー(安全保障)の記事
 フィリピンから見た北朝鮮問題 (2017-09-20 16:49)
 フィリピン南部ミンダナオ島の戒厳令 (2017-06-05 00:21)
 【今週は荒れる週になりそうだ~フランス大統領選、北朝鮮軍創立記念】 (2017-04-23 15:56)
 ドテルテに中国との関係を改善するように進言した安倍首相 (2017-01-14 00:25)
 安倍首相がフィリピンを訪問 (2017-01-12 22:30)
 フィリピン空軍の最新戦闘機 (2017-01-10 23:11)

Posted by philshooting  at 08:00 │安全保障