2016年08月28日

南シナ海より衝突の危険性が高い尖閣諸島


先日、フィリピンの新大統領ドテルテがマニラ郊外の陸軍基地内において ”領土、領海を侵すものは血を見ることになる”と演説した。
メディアでは、シナに対してはっきりと敵対関係を明言したとしている。




ドテルテは、バカではない。
ここでいう領土・領海とは、本当の領土・領海のことを指しているのか、シナがEEZ内を侵略していることを指しているのか、ハーグの仲裁裁判の結論のことを指しているのかは分からない。
詳しくはここでは書かないが、中国を牽制しただけであると思われる。
 
南シナ海では、シナがフィリピン本土からのEEZ内に侵入して、埋め立てをし、ミスチーフ礁では滑走路を作り、スカボロー礁も埋め立てを狙っている。
南シナ海では、シナの実効支配がすすみ、アメリカ、日本など戦略上、かなり危険な状態にあることは確かであるが、フィリピンの領海を犯しているわけではない。





一方、尖閣諸島はと言うと、接続水域にシナの警備艇が常駐をして、領海までも侵入している。
EEZに至っては、中国の漁船だけだと言っても過言ではない。
尖閣諸島は、日本の領土・領海なのだろうか。
日本政府の対応は、尖閣を領土領海扱いしているとは思えない。
ドテルテは、領土領海を侵すものがいれば排除すると宣言した。当たり前のことだが、日本にそれができるのだろうか。
 

自分も含めて領海を侵されれば排除する。上陸されれば追い出す。という政府のシナリヲ考えている人が多いとは思うが、そうなれば軍事的緊張が高まることは確かである。
領土領海問題と言うことであれば、尖閣諸島の方が危険である。

下の様な、地図を見た。尖閣は日本の固有領土であると認識し、領土問題は存在しないと日本政府は宣言している。
このような地図が出回っているのが問題だと思うが、このような地図を世界が認めれば、尖閣は領土問題というのが存在し、日本が軍事力を出せば、領土領海を侵略されたとも言えなくなる。

領海領土を侵略されてから、行動するのではなく、人員配置や灯台の様な建造物を作り、実効支配するのが先ではないだろうか。





Philshootingでは、射撃の極意のような本格的射撃コースをやっています。

また、観光もセットになったコスプレOK、ライフルのオート射撃OKを手ごろな観光射撃コースを設けました。
興味のある方はこちらから始めてみてはどうでしょうか。





       






マニラ旅行は、車、運転手、日本語アシスタント付き 格安マニラ観光のCocoHana Tour











同じカテゴリー(安全保障)の記事画像
フィリピンから見た北朝鮮問題
フィリピン南部ミンダナオ島の戒厳令
【今週は荒れる週になりそうだ~フランス大統領選、北朝鮮軍創立記念】
ドテルテに中国との関係を改善するように進言した安倍首相
安倍首相がフィリピンを訪問
フィリピン空軍の最新戦闘機
同じカテゴリー(安全保障)の記事
 フィリピンから見た北朝鮮問題 (2017-09-20 16:49)
 フィリピン南部ミンダナオ島の戒厳令 (2017-06-05 00:21)
 【今週は荒れる週になりそうだ~フランス大統領選、北朝鮮軍創立記念】 (2017-04-23 15:56)
 ドテルテに中国との関係を改善するように進言した安倍首相 (2017-01-14 00:25)
 安倍首相がフィリピンを訪問 (2017-01-12 22:30)
 フィリピン空軍の最新戦闘機 (2017-01-10 23:11)

Posted by philshooting  at 21:16 │安全保障