2016年06月30日

自衛隊は攻撃態勢を取られたら逃げるしかないのだろうか

 今日は、安全保障に関してライターの個人的意見です。



 先日の尖閣上空で起きた事件に関して激怒している方も多いと思う。しかも1回だけではなく日常化しているというではないか。
 もし、織田元空将が発言しなかったら、国民は知らなかったのだろう。

 しかも、官房副長官のなかった発言はすごかった。激怒した人も多いだろう。


 現場では何が起きていたのだろうか。航空機は速い。領空外であってもすぐに領空になる。
 このままいけば日本の領空になりますよと警告しても、相手は自国領と思っているのだから聞くわけがない。
 反対に攻撃態勢を取ってきた。
 自衛隊機は、赤外線ホーミングミサイル攻撃から防御するためにフレアを撒いて逃げた。
 
 中国が自国空域を守るために空自機を追い返した。そんなイメージだ。
 反対ではないか。
 何とも悔しい。 


 自衛隊のパイロットは、今、本当に命がけでスクランブル発進しているに違いない。
 正当防衛以外は兵器を使用できない。どうするべきか考えているに違いない。
 身を切って、骨をたつのか。それしかないのか。。。。つらいと思う。

 今のままでは、同じだ。逃げるしかない。逃げるは認めたということだ、海でも同じだ。

 航空機を、2から4機に増やすとか。それでこちらが攻撃態勢を取るとか。

 思い切って、米軍と共同でスクランブルをするとか、。そういうことをしてほしい。

 
 政府は、正式に世界に発表してほしい。隠してほしくない。













       






マニラ旅行は、車、運転手、日本語アシスタント付き 格安マニラ観光のCocoHana Tour













同じカテゴリー(安全保障)の記事画像
フィリピンから見た北朝鮮問題
フィリピン南部ミンダナオ島の戒厳令
【今週は荒れる週になりそうだ~フランス大統領選、北朝鮮軍創立記念】
ドテルテに中国との関係を改善するように進言した安倍首相
安倍首相がフィリピンを訪問
フィリピン空軍の最新戦闘機
同じカテゴリー(安全保障)の記事
 フィリピンから見た北朝鮮問題 (2017-09-20 16:49)
 フィリピン南部ミンダナオ島の戒厳令 (2017-06-05 00:21)
 【今週は荒れる週になりそうだ~フランス大統領選、北朝鮮軍創立記念】 (2017-04-23 15:56)
 ドテルテに中国との関係を改善するように進言した安倍首相 (2017-01-14 00:25)
 安倍首相がフィリピンを訪問 (2017-01-12 22:30)
 フィリピン空軍の最新戦闘機 (2017-01-10 23:11)

Posted by philshooting  at 18:59 │安全保障